日本海学調査研究委託事業

環日本海の玉文化の始源と展開 挨拶1


敬和学園大学人文社会科学研究所
所長 石川 喜一
 

 本日、ここに中国やベトナムをはじめ日本各地から最先端でご活躍中の玉器研究者をお迎えして、研究会議「環日本海の玉文化の始源と展開」を開催できますことはこの上ない喜びであります。周知のとおり環日本海をめぐる諸地域には、世界でも特有な玉文化が発達しております。その始源と展開を検討することは環日本海諸地域の古代文化の交流や独自性などを探る上で大変有意義であると確信いたしております。とりわけ環日本海の玉文化をこのように広い視点から総合的に検討する研究会議は日本では始めての試みでもあります。
 敬和学園大学人文社会科学研究所は、敬和学園大学における研究活動を推進支援し、かつ、その成果を社会に還元することを目的として2000年に設立されました。これまでも様々な創造的研究や普及活動を展開してきております。このような趣旨のもとで開催いたします本会議で多くの成果が得られ、新しい文化論の展開が期待できますことに大きな喜びを感じております。
 おわりに、この研究会議でご発表いただく海外の研究者の方々をはじめ多くの日本研究者、そしてご参加いただいた皆様に心からお礼を申し上げ、ご挨拶といたします。