日本海学調査研究委託事業

環日本海の玉文化の始源と展開 2.「東アジアにおける玦状耳飾をはじめとする装身具セットの起源と展開」


川崎 保
(財)長野県文化振興事業団
長野県埋蔵文化財センタ 調査研究員

 玦状耳飾研究はすでに多くの研究史がある。とくにその起源についでは大陸起源説と日本列島自生説の二つに大別できる。大陸起源説ではおもに江南地方起源説が有力であったが、近年では中国東北やロシア沿海州などの北方起源説が注目されてきている。
 筆者はとくに玦状耳飾だけでの研究ではいわゆる「他人の空似」という日本列島自生説の批判をかわせないと考えていて、これを克服するためにも玦状耳飾と同様な玉質の石材で作られている装身具をセットとして合わせて研究することによって、大陸起源説と日本列島自生説のいずれがより合理的であるか、また大陸起源説であれば、どこのどういう文化の影響のもとに日本列島の玦状耳飾をはじめとする石製装身具のセットが成立したかを考えている。
 日本列島で玦状耳飾が出現した段階(縄文時代早期末)にすでにこれに管玉や垂飾がセットとして伴っていることがわかってきている。縄文時代早期末の玦状耳飾はほぼ円形で中央孔が大きく、孔側は比較的扁平なドーナツ形(浮輪形)のもの(藤田富士夫のいう「環状型」)である。垂飾は、まだ類例は少ないが、箆状垂飾もこのセットの一つであった可能性が高い。
 東アジアの中でこのセットを比較してみると、ロシア沿海州の早期新石器時代のルドニンスカヤ文化に属するチョール夕ヴィ・ヴフロータ洞穴、中国黒龍江省小南山遺跡や興隆窪文化に属する遼寧省査海遺跡などにもこのセットが見られる。
 とくに箆状垂飾(中国ではヒ状器)は、おもに中国華北以北でしか見られないものである。またロシア沿海州ではチョールタヴィ‐ヴフロータ洞穴以外にも数例の類例が知られている。
 まだ、厳密な年代などを比較しないといけないが、仮に日本列島の玖状耳飾が大陸起源の可能性が高いとすれぱ、現段階ではその発生段階では北方からの影響が大きかったと考えている。
 ただし、玦状耳飾などの縄文時代前期から中期にかけての石製装身具セットはさらに多様に発展しており、前期後葉に出現する「の」字状石製品(垂飾)のように北方の影響とだけでは理解できないものも存在しており、従来から指摘する江南地方などの影響も検討していかなければならないだろう。