日本海学グループ支援事業

2004年度 「「文禄・慶長の役と北陸大名―肥前名護屋陣と熊川倭城を中心に―」に関する調査研究」


2004年度 日本海学研究グループ支援事業

→((その1)2003年度研究報告)

個人 高岡 徹氏

1 はじめに

 本調査研究は、「文禄・慶長の役」と北陸大名の関わりを通して、16世紀末における北陸と北部九州、さらには朝鮮半島をめぐる環日本海地域の歴史の一端を明らかにすることを目的としている。その趣旨については昨年度末の中間報告の中で述べたが、どちらかと言えば、文献史料よりも現地での関連遺跡の実態調査を重視するものである。本調査研究は平成15年度と16年度の2か年にわたるものであり、15年度は文献史料の収集と韓国に残る熊川倭城跡の実態調査を行った。同倭城跡は上杉景勝が築城工事に従事した城であり、その概要については昨年度の中間報告を参照されたい。
 16年度は文献史料の整理・検討と佐賀県名護屋に残る大名陣屋跡の実態調査を行った。調査研究の対象とした大名は、加賀・能登・越中(石川・富山県)を領した前田利家、越後・佐渡(新潟県)を領した上杉景勝、飛騨(岐阜県北部)を領した金森長近の三人である。ここでは、まずそれら三人の大名と「文禄・慶長の役」の関わりを文献史料の上からたどり、続いて彼らが名護屋に残した陣屋跡の調査の概要を報告したい。

2 文禄・慶長の役と北陸大名

(1)前田利家の場合

 伊達家の『貞山公治家記録』によると、前田利家が軍勢を率いて京都を発ち、肥前名護屋に向かったのは文禄元年(1592)3月17日のことである。『越登賀三州志』によると、利家の率いた軍勢は8,000人であった。名護屋到着は4月下旬のこととみられるが、すでにこの時点で玄界灘を渡った小西行長らの日本側第一軍が朝鮮半島南岸の釜山に上陸し、一路北へと進んでいた。
 名護屋到着後、在陣の大名には秀吉の本営となる名護屋城の築城工事が分担して課せられた。前田利家には三の丸西門などが割り当てられた。当初、利家は名護屋城の東方、名護屋浦の大きな入江を隔てた対岸付近に陣屋を構えたとみられる。付近には徳川家康・伊達政宗の陣屋もあった。
 ここで一つの事件が起きた。名護屋は朝鮮半島に近く、天然の良港となる豊かな入江を擁するため、侵攻の軍事基地としての条件を十分に満たしていた。しかし、博多から西に遠く隔たっていたため、陸上交通の便が悪い上、まわりが丘や谷など起伏に富んだ地形に囲まれていたせいで、各地から集結した大名や家臣達が住むのに適した土地は極めて少なかった。何しろ、これまでろくに町場もなかった所に突然何万人もの人が押し寄せ、移り住んだのである。衣食住、とりわけ水の問題は切実だったと思われる。こうした中で5月5日、徳川・前田両家中の者が水汲みをめぐって争い、双方を応援する大名も巻き込んで、まさに一触即発の事態となった。結局、伊達政宗が家老を遣わして喧嘩を止めたため、双方が引き退き、事件は無事に収まったと言われる。事件後、秀吉は徳川・前田の陣屋を名護屋城の近くに移転させる措置を取った。
 もともと狭い所に多数の陣屋が設けられたため、侍同士の争いも多発したとみられる。たとえば、前田家中の井上長政などは秀吉の家臣数人と争い、一人を斬殺してひそかに国許へ返されている。こうした事件は日常的に起きていたのかも知れない。一方、朝鮮半島へ渡らなかった大名にとって陣中での生活は退屈な毎日でもあったらしく、その退屈しのぎに各大名ともさまざまに工夫を凝らしたようである。たとえば、文禄元年11月、利家は陣屋に秀吉を招いて茶会を開いたりしている。最近の発掘調査では、その利家陣屋で池の跡が見つかり、庭園の存在が確認されている。
 朝鮮半島での戦いの進展に伴い、名護屋在陣中の大名達にもさまざまな任務が与えられた。たとえば、文禄元年10月には、秀吉が前田氏に大安宅船の建造を命じたため、前田利長が能登にいる三輪吉宗に対し、奥能登で用材を調達するよう指示している。「安宅(あたけ)船」とは室町時代末期から江戸時代初期の日本国内で水軍の主力として使われた強力な軍船であり、攻撃力・防御力などで他の軍船を圧倒する存在であった(『国史大辞典』)。名護屋城周辺を描いた「肥前名護屋城図屏風」にも名護屋浦の入江に浮かぶ3艘の安宅船が描かれている。朝鮮半島への軍勢や兵糧はすべて海上輸送によって行われたため、船舶の建造にも力が注がれたのである。
 さて、秀吉は戦局の推移を受けて文禄2年3月に朝鮮へ渡ることを計画する。これに合わせて、前田利家も朝鮮に従軍することになった。利家は1月3日付けの書状で能登の三輪吉宗に対し、綱・碇・水夫を船5艘分用意するため、家臣二人が早々に金沢に行き、安勝(利家の兄)と相談のうえ、必ず2月末には名護屋へ届けるよう命じている。また、利長は1月29日付けで秀吉の乗艦用に銅と金箔の調達を国許に命じている。
 3月14日付けの伊達政宗書状によると、前田勢は20日頃に乗船予定が組まれていたようである。乗船順の一番は浅野幸長でそれに伊達政宗が同行し、二番が前田利家と蒲生氏郷、三番が徳川家康で、関東をはじめ越後の上杉景勝も残らず渡海することになったとある(『仙台市史』)。前田勢らの渡海は朝鮮半島南部、慶尚道の要衝・晋州(日本側では「もくそ」と表記)城攻略のための一大攻勢計画に基づくものであった。3月10日付けで秀吉が定めた攻撃計画書には「もくそ城とりまき候衆」として「一、七千人 羽柴加賀宰相(前田利家)」と記され、利家が七千人を率いて晋州城攻撃の一翼を担うことになっていた。
 しかし、その後の戦況の変化により、実際に派遣される軍勢の規模は大幅に縮小され、晋州城の攻撃軍は朝鮮に在陣中の大名を中心に編成された。これに伴い、利家や秀吉の渡海も取りやめになり、結果的に前田勢が朝鮮へ渡ることはなくなった。とはいえ、伊達政宗や上杉景勝は渡海しており、一部の大名は予定どおりに派遣されている。
 一方、朝鮮半島での戦況の悪化により日明間で和議の交渉が開始され、4月、日本軍は漢城から撤退する。翌月、小西行長が明の使節を伴い名護屋に着くと、利家は家康と共に陣屋で明の使節の饗応を担当した。実のところ、この使節は明の皇帝からも任命されていない偽りの使節であったが、秀吉は真実の使節と思い込み、明使に日本軍の武威を示すため、「武者揃え」を計画した。この時、利家は家中の者に持たせる槍の柄100本に金箔を施すこととし、国許の加賀・能登などで金箔を調達させている。
 文禄4年(1595)、秀吉は朝鮮在陣の諸大名に関白秀次を来年朝鮮に出馬させると告げ、日本側が拠点としている城の確保などを命じた。1月の出陣計画によると、名護屋と朝鮮で前田家は合計2,500人の軍勢を出すことになっていた。しかし、7月に秀次が謀反を企てたという理由で関白職を解かれ、切腹させられたため、この計画も結局実施されることはなかった。
 その後、慶長3年(1598)8月、朝鮮出兵を命じた秀吉自身が死去したため、利家らは朝鮮出兵中の日本軍に対し、撤退命令を発している。そしてこれが文禄・慶長の役に関わる利家の最後の仕事になった。

(2)上杉景勝の場合

 『上杉家御年譜』によると、上杉景勝が軍勢を率いて越後の春日山を発ったのは文禄元年3月1日のことである。軍勢の規模は5,000人と記されているが、別の文書では3,000人とあり、実際はその程度の人数だったようである。途中の京都を出発したのは3月17日のことで、名護屋には4月上旬に着いたという。当地では名護屋城の北西に陣屋を構え、1年余りの在陣のあと、翌文禄2年6月軍勢を率いて朝鮮半島へ渡っている。景勝に課せられた任務は半島南岸の熊川(現在の韓国慶尚南道鎮海市)における城郭構築であった。築城工事は8月中に完了したとみられ、景勝自身は9月8日に名護屋に帰陣している。この間、異国の地での普請作業従事により、上杉家中の多くの者が病気になったり、病死している。一例として、『覚上公御代御書集』によると、藤田信吉組310人の内、44人が病を煩っている。これは藤田組全体の14%にあたる。このように直接戦闘に参加したわけではないが、異国での築城工事は渡海した日本の将兵に多大の犠牲を強いていたのである。
 名護屋に帰った景勝は9月29日付けで秀吉から熊川城普請のねぎらいを受け、すぐに上洛の上、越後に帰国して休養するよう命じられている。このことからすると、景勝の越後帰国は閏9月頃とみられる。

(3)金森長近の場合

 天正14年(1586)、三木氏に代わり飛騨一国を領した金森長近については、文禄・慶長の役関係の史料がほとんど残されていない。他の大名同様、名護屋には赴いたが、朝鮮に渡ることはなく、ずっと名護屋で在陣を続けたようである。小瀬甫庵『太閤記』によると、長近は800人を率いて名護屋に在陣していたことが知られる。長近の陣屋伝承地は名護屋城の南方に位置するが、現在の感覚で言えば、秀吉の本営からは遠く隔たった山間地で、条件のよい立地場所とは言えない。
 長近の名護屋在陣中の数少ないエピソードとしては、先に述べた文禄元年5月に起きた前田対徳川の水汲み争いがある。「利家記」によると、この時の一触即発の緊張した状況下で、事件を聞きつけた長近は堀・村上氏とともに前田方を応援するため、兵を待機させたという。これは長近と利家の織田家中での古くからの親近関係に基づくものであろう。

3 肥前名護屋陣の実態

     →地図「名護屋城と周辺の陣屋」

(1)前田利家の陣屋跡

前田利家陣屋跡の遠景

 利家の陣屋は水汲み事件のあと、名護屋城の東南にある丘陵に移転した。ここは城の大手口と谷一つをはさんで向かい合う位置にあり、直線でもわずか300mを隔てるにすぎない。秀吉のそばに仕える補佐役の陣屋としては、申し分のない位置と言えよう。
 前田氏陣屋で注目されるのは、その規模である。前田氏は前記丘陵のほぼ全域を陣屋として使用していたとみられるが、その範囲はおよそ東西300m、南北380mにも及んでいる。名護屋城の周辺でこれだけの規模を有するものはあまり例がなく、ほぼ最大級の陣屋と考えられる。この点に限ってみても、当時の豊臣政権の中で利家が占める位置の高さが理解できる。
 この陣屋の大きな特徴は、山上部の郭群と山麓部の居館から構成されることで、信長の岐阜城のように山上の要害と麓の居館のセットという、戦国期の典型的な山城の縄張を踏襲したものである。名護屋の周辺でこうした縄張を持つ陣屋は数少ないと思われる。しかも、麓に設けられた居館の正面出入口も名護屋城の大手(正面)口に面して開いている。こうしたプランは、前田氏陣屋が秀吉本営の名護屋城とあたかも直結する形で設けられたことを示している。


前田陣屋・居館の石垣

〔ア〕山上部
 山上は西南から北東にかけて伸びる、長く広大な平坦面で、全長約200m、幅は最も広い中央部で約60mを測る。内部は地形などからおおまかに3区画(郭)に分けられるが、過去の耕作に伴う改変や繁茂した竹・雑木のため内部の詳細をつかむことは困難である。東側区画の北面は高さ1.3~1.6mの切岸となり、へりには土塁状の低い高まりが見出される。また、切岸に石が散在するので、石垣が積まれていた可能性がある。
 ところで、東側区画の北側斜面には比較的明瞭な腰郭の跡が認められる。ここは同区画から大きな尾根が北に張り出す付け根にあたり、山上部への登り道が取り付くことから、特に入念に階段状の腰郭を設けたものと考えられる。 〔イ〕山麓部
 山上部の真下には丘陵を掘り込む形で方形の大きな居館が設けられている。
正面は出入口付近で高さ5mに達する石垣を積んでおり、出入口は石段で登り、内部で左に折れる大規模な内枡形虎口となっている。内部は75×50mの広さを有し、奥に庭園が存在したとみられる。前田利家は文禄元年11月、この館に秀吉を招いて茶会を催し、翌年5月には明使を迎え入れ、接待を行った。現在、地元の佐賀県立名護屋城博物館によって発掘調査が行われており、居館内部の実態解明が進みつつある。

(2)上杉氏の陣屋跡

上杉景勝陣屋跡の遠景

 上杉氏の陣屋は名護屋城から北西に伸びた東松浦半島の北部で、現在も小さな港のある米納戸(よのど)付近に位置する。上杉氏陣屋の大きな特徴は、当主景勝の陣屋とは別に重臣である直江兼続の陣屋が独立して設けられていることである。両陣屋は低い谷をはさんで約50mを隔てて立地する。至近距離であり、二つの陣屋が一体的にセットの形で存在したことを示している。こうした二つの陣屋からなる立地は、数ある名護屋陣屋群の中でも異色と言わねばならない。


上杉陣屋・内部の石塁

〔ア〕上杉景勝陣屋跡  景勝の陣屋は海岸に近い丘陵の上に立地する。陣屋跡の全域は以前畑になっていたが、現在は頂部を中心に1/2程度が耕されているにすぎず、あとは耕作が中断したままか、一部が竹やぶである。耕作者の老人によれば、この場所を「イチゴジン」と呼ぶそうである。おそらく「越後陣」の転化したものであろうが、上杉氏の陣屋跡がこのように伝承されているのは興味深い。
 陣屋跡は過去の畑の耕作により改変を受けているものの、石塁や石積みの段から構成される畑の区画が、基本的に陣のプランをある程度踏襲しているものと考えられ、それらから当時の陣の縄張を推測することができる。現在、丘陵上には比較的大きな3区画(郭)が並んでおり、全体で150×50m程度の広さである。この内、中心区画の南面には、特に高く堂々とした石塁が今も残されている。これらの3区画の周囲には一段低く方形の区画がめぐっている。一種の帯郭的な性格の区画であり、陣屋の前記中枢部を守る配置を見せている。

 


 


入江から見た直江兼続陣屋跡

〔イ〕直江兼続陣屋跡  兼続の陣屋はヨノド浦に突き出した岬状の丘陵の上に立地する。中心部の郭はその岬の付け根に築かれ、周囲に腰郭状の平坦面を配したものである。
 これら平坦面の多くは麓側にゆるやかな傾斜を見せている。北側は次第に下って入江に面しており、中腹部にはその入江側に開いた出入口の跡が見られる。岬の西は海で、北と南に入江があり、陣屋の直下からそのまま海上に舟で乗り出すことができる。海上からの出入りを考慮した立地と言える。中心部の郭跡は以前畑として耕されていたが、今は荒れたままであり、一部は密生した竹やぶのため、中に入るのも困難な状況である。
 同郭は基本的に方形のプランであり、内部は58×40m程度の広さである。周囲には低い石塁がめぐっていたようであり、特に西面には岬の突端側に臨んで高い石垣が積まれている。一大名の重臣でありながら、このように独立した陣屋を設けている点は名護屋でもほとんど例がなく、注目に値する。
 こうした陣の在り方こそ、当時の上杉家中での直江兼続の力を如実に示すものと言ってよい。

(3)金森長近の陣屋跡

金森長近陣屋跡の遠景

 金森氏の陣屋跡はすでに述べたように名護屋城から遠く隔たった南方の山間地に所在する。北側には藤堂高虎などの陣屋跡がある山が横たわり、そこから南に張り出した尾根の先端部が金森氏の陣屋跡である。一見、独立した小山のように見え、南側は名護屋浦に続く谷筋に面している。
 山上部は東西に細長く伸びた平坦面で、東端部がやや高く方形(約20m四方)を呈し、ここが中心部とみられる。そのことを裏付けるように付近には比較的大きい石が数個集中して存在する。山上部全体の規模は75×30m程度である。アウトラインはさほど明瞭ではなく、人工的な普請の跡は見出しにくい。これは前田・上杉氏などの大大名と違い、在陣の人数が800人程度と少なかったことによるのかも知れない。

 


名護屋城と周辺の陣屋
(注)当初の前田陣屋の位置は未確定。
 記入した地点は高瀬哲郎氏からの御教示を得たもの。

4 おわりに

 以上、佐賀県名護屋に残された北陸大名の陣屋跡の調査報告を中心に、各大名と文禄・慶長の役の関わりについて述べてきた。ここまでの二か年に及んだ調査研究により16世紀末の北陸と北部九州、さらには朝鮮半島をめぐる歴史の一端を多少なりとも明らかにし得たかと思う。本調査研究にご支援を頂いた(財)とやま国際センターに対し、心より謝意を表したい。