日本海学グループ支援事業

2005年度 「和船とその建造技術保存・研究事業」


2005年度 日本海学研究グループ支援事業

参考;2007年度 報告
2006年度中間報告

和船建造技術を後世に伝える会
代表 番匠 光昭

はじめに

 FRP(繊維強化プラスチック)製の船が全盛の現在、木造和船とその造船技術、それら和船を用いた漁撈と習俗の廃絶が危惧されている。また櫓と櫂をもって操船し、実際に漁撈に従事した漁師等からの聞き取り調査も次第に困難となっている。こうした状況の中で、和船にまつわる事象を詳細に記録し、関連する資料を収集していくことは急務といえる。当会は、主に日本海側沿岸地域の和船建造技術、および船にまつわる事象について記録・収集し、調査・研究した成果を後世に伝承していくことを目的として平成16年より活動している。
 平成17年度の事業として、氷見市内で昭和10年に建造された「カンコ」の修復作業とその作業工程の記録、氷見市の十二町潟に沈んでいた大型の潟舟2艘、小型の潟舟1艘の引き揚げ作業を実施した。あわせて、比較検討の材料とするため主に日本海側を中心とした和船の建造技術および漁撈具の実地調査として、県内(魚津市・旧小杉町)、青森県(青森市・八戸市)、国立歴史民俗博物館等の調査を実施した。

和船の修復作業、および作業工程の記録

 昭和10年に建造され、氷見市北大町地内で保管されていた「カンコ」(平底の木造和船)の修復を実施した。「カンコ」は比較的良好な保存状態であったが、舟釘等の金属部は錆化が著しく、すでに断裂している箇所や、錆のふくらみによって船体を破壊しかねない箇所などが見受けられた。そのため、錆びた舟釘の養生を中心とした修復作業を施した。

「カンコ」(昭和10年制作)
全長5.8m、胴中幅1.48m

「カンコ」は平底で、櫓と櫂で操船した。
5~6mの小型の「カンコ」は、手繰り網や刺網、延縄漁などの個人操業をする小商売の漁師たちが用いた。


 

修復作業(1)
船首部の銅板を外す。


 

修復作業(2)
舷側部上部(ハンズレ)を固定する舟釘の頭を叩いていく(エンキリ)。その後、クサビをかましてハンズレを外していく。


 

 ハンズレなどを取り外した「カンコ」は、錆びた舟釘を取り除き、腐った木材部分を切り取ったうえ別材を入れて(イレコ)、組みなおした。
 今回修繕した「カンコ」は、平成18年度以降、実測図の作製等の作業を行う予定である。

十二町潟の潟舟の保存

 氷見市の十二町潟周辺では、昭和40年代ごろまで広く一般に木造で、平底の板舟が使用されていた。板舟は、十二町潟での潟舟、あるいは周辺の河川での川舟として、荷物の運搬や湿田での農作業用に用いられた。板舟には大小2種類あり、大型の方は「オオフネ」、小型の方は「テンマ」ないし「ズッタ」と呼ばれた。通常、櫓と櫂を用いず竹竿で操船し、より小型の「テンマ」は湿田を手で押して使用したりもした。
 これまで小型の「テンマ」の現存は確認し、氷見市立博物館でも2艘保管していたが、「オオフネ」は現存しないものと考えていた。だが、平成17年度に実施された十二町潟の排水により、水没していた「オオフネ」2艘が姿を現した。そのうち1艘は、「テンマ」とともに万尾川に懸かる島崎橋下流側の岸辺に係留されたまま水没していた。もう1艘は、十二町潟水郷公園の岸辺に係留されていた。どちらも近年繁茂しているガマなどに囲まれ、一部のガマは船体を突き破るなど、舟材に被害を与えていた。当会では、今回発見された「オオフネ」2艘、「テンマ」1艘の引き揚げ作業を実施し、氷見市教育委員会の施設内で仮保管することとした。

十二町潟の湖底より姿を現した「オオフネ」。下端に見えているのは「テンマ」。保存状態は比較的悪くないものの、長く水中にあったための劣化は各部に見受けられる。「テンマ」はFRPで補修してあった。


 

「オオフネ」の引上げ作業。


 

仮保管した2艘の「オオフネ」。2艘はほぼ同サイズで、同様の型式であるが、水郷公園内のものは、船首部の船梁に沿って鉄のボルトが入れられていた。

全長8.7m、胴中幅1.42m。
材質はスギ。接合はチキリと舟釘を用いる。
船首部・船尾部・船梁の基部には銅板が葺かれる。
(水郷公園内のもの)


 

潟の中ほどに姿を見せた、引き上げたものとは別の「オオフネ」。
廃船になったものは、潟に流して沈めたという。十二町潟には、他にも多数の舟が沈んでいる可能性がある。


 

 今回の引き上げ作業に伴う一連の調査で、引き上げたものの他にも十二町地区内に「オオフネ」が1艘と「テンマ」が2艘保管されていることが判明した。潟中の廃船も含めれば、「オオフネ」4艘、「テンマ」5艘が現存することになる。平成18年度以降は、引き上げた「オオフネ」・「テンマ」の実測図の作製と、必要があれば修復作業等を実施したいと考えている。また、後述する射水平野の川舟、「イクリ」とは同じ水郷地帯の川舟として共通点も多い。両者の比較検討も今後の課題としておきたい。

和船とその建造技術及び漁撈具の実地調査

 平成17年度の実地調査は、県内および県外の2回の調査を実施した。 県内では魚津歴史民俗博物館の収蔵品の調査および射水平野土地改良会館「イクリの里」収蔵品の調査を実施した。「イクリの里」に展示されている射水平野の農作業に用いられた板舟「イクリ」は、前述したように同じく水郷地帯の農作業に用いられた氷見市十二町潟の「オオフネ」とは、ミヨシの形状や全体の構造に共通点が見受けられるものの、船体の深さや操船方法などの明らかな違いもある。この調査の後に、十二町潟の「オオフネ」を引き上げることができたため、実見したうえ直接比較検討することが可能になった。「イクリ」は、全長7.55m、胴中幅1.54m。操船には竹竿の他に櫓も用い、船体と直行して差し込んだ丸太を水路の岸辺から押して動かしたりもしたようだ。材質はスギで、船首部・船尾部・船梁の基部などに銅板が葺かれる。 県外の調査は青森県を対象とした。青森県のみちのく北方漁船博物館には、青森県を中心に使用されていた「ムダマハギ」型漁船(国指定重要有形民俗文化財)を含む日本各地から集められた木造船が収蔵されている。 氷見の定置網漁船「ドブネ」に用いられる「オモキ造り」技法は、丸木舟から準構造船への発達の過程を示すといわれ、丹後から出羽までの日本海側に広く分布するが、今回の調査により、同じく丸木舟から構造船への発達の過程を示すといわれ、陸奥から北海道に分布する「ムダマハギ」技法による和船を実見し、類似点と相違点を知ることができた。 そのほか、八戸市博物館の「ムダマハギ」型漁船「カッコ」やイカ釣具等の漁撈具、国立歴史民俗博物館の収蔵品(和船と船具、漁撈具)の調査を実施した。

今後の調査計画

 平成18年度は、(1)氷見市内と近隣地区に残存する木造船の現況把握と収集、(2)木造船の修復と実測図の作製、(3)和船建造技術の記録作業の実施等を予定している。具体的には、平成17年度に修復した「カンコ」の実測図の作製、同じく平成17年度に引き上げた十二町潟の「オオフネ」と「テンマ」の実測図の作製と修復等を実施したい。また実地調査としては、「オモキ造り」と「ムダマハギ」両技法の接点とされる秋田県・山形県・新潟県方面の和船と船具、およびその建造技術、漁撈具等の調査を行う予定である。 あわせて、日本海側を中心とする全国的な和船の資料収集の一環として、指定文化財となっている船・船具・漁撈具等のリストアップ、各地の博物館・施設等へのアンケート調査を実施していく考えである。平成19年度に予定している報告書の作成に向けた資料の蓄積と研究を進めていきたい。