日本海学グループ支援事業

2005年度 「海中から中世岩瀬湊を探る」


→中間報告

2003年度、2004年度、2005年度 日本海学研究グループ支援事業

中世岩瀬湊調査研究グループ
代表 奥村奨

1 調査の目的

  室町時代頃成立した廻船式目にみえる当時の十大港(三津七湊)の一つに「越中岩瀬湊」がある。その位置についてはこれまで定説がなく、東岩瀬説、西岩瀬説、放生津湊説などがあるが、確定的な物証はない。 今回、中世岩瀬湊は旧神通川河口付近にあったと仮定した。それを検証するために、当時陸地であったとみられる打出沖から四方沖の海底の状況を探査し、湊町に関わる痕跡の検証を試みた。

2 実施内容

(1)海底微地形探査

 マルチ音響方式による海底地形測量(超分解能マルチビーム測深システムSeabat8125型による)を行い、前年度確認した大石群のエリアについて、10cm単位での海底微地形測量を行った。 


 


(2)海底大石範囲の確定

ボートによる水中ソナー探査・水中カメラ調査(富山商船高専の協力)を行い、大石及び周辺に広がる小礫群の範囲を確定した。探査範囲:四方漁港沖を中心に、約250×275mの範囲、水深5m~8m。

(3)潜水調査

引揚げ候補の大石選定のための潜水作業。清掃及び映像記録撮影。

(4)大石引揚げ

 大石2個を引揚げ、加工跡などの表面観察を行った。

(5)理化学鑑定分析

 引揚げた大石1個の岩石学的鑑定を実施した。

(6)中間報告発表等

 調査の途中成果について、研究会・印刷物で発表した。 ①全国和船研究会高岡大会で報告「中世岩瀬湊を探る―海底構造物の探査から―」(平成17年9月2日:高岡市万葉歴史館)で調査途中成果を発表。:参加者200人 ②北陸科研「放生津研究会」で報告、意見交流 (平成17年12月10日:射水市新湊博物館):参加者20人。 ③富山市日本海文化研究所発行『日文研ニュース第77号』(2005,10,4発行)に調査成果を中間報告としてまとめ掲載した。

(7)その他関連調査

①能登沖航海研究  富山湾から能登半島先端までの航海ルートと自然目標物の確認調査(平成17年8月30、31日:富山商船若潮丸):参加者4人。 ②四方神社聞き取り調査 打出沖(五社宮)からの移転伝承をもつ四方神社の聞き取り・資料調査を実施(平成18年3月11日:四方神社)

3 調査で得られた成果の考察

(1)海底微地形測量及び潜水等調査結果

四方漁港沖350mを中心とする一帯には、過年度の調査で複数の大石が確認されている。その範囲内に存在する大石を含む礫群は、複数の帯状の濃密があることがわかった。


また海底微地形の計測により、海底にはわずかに高い高台が2地点があり、その周囲に大石とみられる1m内外の突起物が30~50個存在することが判明した。


(2)引揚げた大石の観察・分析結果

 引揚げた2点の大石は、いずれも海水で表面が劣化しているが、観察・分析により以下の特徴を見出せた。 ①大石1 北緯36°45.816 東経127°11.433 の北15m地点、水深7.5mにおいて引揚げた。84×44×32cmで安山岩製。産出地候補は常願寺川が高い。 長辺・短辺に矢穴跡とみられる方形の窪みが計3箇所存在し、人工的な割石技術で分割された石である可能性が高い。


②大石2 北緯36°45.816 東経127°11.433、水深7.5mにおいて引揚げた。87×38×33cmで石灰質砂岩製。産出地候補は高岡伏木~氷見虻が島の海岸部。 ①のような矢穴跡はないが、石は角張 っており、人工的に割られたものである。


(3)調査成果についての考察

 今回調査では、人工物と推定されていた大石を実際に2点引揚げた。また、海底微地形測量を行い、大石の分布状況を把握するように努めた。
  調査の結果、大石のうち1点に矢穴が複数存在することが確認されたことから、これらの石が人工的な割り石であることが確実になった。1m近い大ぶりの石であること、定型的な矢穴であることは、江戸前期富山城石垣の技術と共通する特徴を示し、江戸前期頃の年代が想定される。また石材が高岡氷見周辺にのみ存在する石灰質砂岩であることは、呉西からも海路で調達されたことを示している。
  これらの大石は、海岸部における石垣築石として使用された可能性が高いと考えられる。周辺の小礫は石垣の裏込石(栗石)とみられる。その用途は海岸護岸、船着場護岸、陸地建物石垣などが推定されるが決定はできない。これまでの研究で、古文書記載から江戸時代17世紀の海岸線を復元することが可能であり、それによると現在より350mから720m以上沖に海岸線が存在したことが推定される。したがってこれらの大石の位置は、海岸部もしくは海岸からほど近い位置にあったものが、海岸侵食・津波で崩壊し、海底に落ち込んだものと推定される。
昨年度までの調査で仮説として提示してきたとおり、江戸時代と推定される海岸状況が、今年度の調査によりさらに具体的に復元することが可能になったといえる。残念ながら、それ以前の中世における海岸状況の解明という課題は果たしえなかったが、江戸時代に海岸線が古文書のとおりかなりの沖合いにあったことがほぼ証明されたといってよい。
以上の成果は、中世岩瀬湊の位置解明を考える上で、大きな年代的基準を示したものであったといえ、また、今後必要とされる調査の方向性をも示したといえる。

協力  富山商船高等専門学校
    富山市教育委員会埋蔵文化財センターほか