出版等事業:日本海学叢書 (富山県刊行物センターのみで販売)

8.日本海の成立とその環境変遷

<在庫なし>
編集・発行;富山県日本海政策課
発行年月;2001年3月
著者:多田隆治

価格:220円


1 序論
 1.1 現在の日本海の海況
 1.2 縁海としての日本海の特性
2 日本海の形成
 2.1 日本列島観音開きモデル
 2.2 日本海の基盤構造
 2.3 現在考えられている日本海形成モデル
3 日本海の成立と海洋環境の変遷
 3.1 日本海深部堆積物や陸上に露出する地層の残された記録
 3.1.1 斬新世後期(2800~2300万年前)
 3.1.2 中新世初期(2300~2000万年前)
 3.1.3 中新世前期(2000~1550万年前)
 3.1.4 中新世中期(1550~1050万年前)
 3.1.5 中新世後期(1050~600万年前)
 3.1.6 鮮新世(600~250万年前)
 3.1.7 鮮新世末期か~更新世(250万年前~)
4 明暗互層が語る第四紀環境変動
 4.1 明暗互層とはどういうものか
 4.2 暗色層中の平行な縞は何を意味するのか?
 4.3 厚い暗色層は何を意味するのか?
 4.4 それ以外の薄い暗色層は何を意味するのか?