出版等事業:日本海学推進機構研究助成図書 (全国の一般書店のみで販売)

山岳信仰と日本人

編著者 安田 喜憲
発行者 杉本 孝
発行所 NTT出版株式会社
制作 株式会社白鳳社
発刊 2006年4月27日

価格:5040円


 

 

目次

はじめに 山は天と地の架け橋

第Ⅰ部 日本の山岳信仰のルーツは長江文明にある
 第1章 オビシャと長江文明 萩原法子
 第2章 日本人の山岳信仰と長江流域 李国棟
 第3章 雷神と観音と山神と―日本の山岳信仰に寄せて 百田弥栄子
 第4章 山と里の民俗文化的特質 萩原秀三郎

第Ⅱ部 立山信仰研究への新たな展開
 第5章 立山信仰研究の視点 米原寛
 第6章 立山信仰の歴史地理学的研究 岩鼻通明
 第7章 ミクリガ池年縞堆積物からみた立山信仰の開始―なぜ人は山に登ったのか? 福澤仁之
 第8章 立山ミクリガ池の湖底年縞堆積物から産出した大型植物遺体 那須浩郎
 第9章 ミクリガ池における過去1900年間の水質変化―珪質微化石にもとづく推定 加藤めぐみ
 第10章 ミクリガ池湖底から採取した年縞堆積物からみた立山周辺の過去1300年間の植生変化 藤木利之
 第11章 山岳植生の変遷史 守田益宗
 第12章 山岳信仰と女人禁制―立山と羽黒山の比較から 岩鼻利明

第Ⅲ部 白山信仰は日本の山岳信仰のルーツか
 第13章 古代の日本海からみた白山と立山 小林道憲
 第14章 白山垂迹曼荼羅図の六所王子をめぐって 黒田晃弘

第Ⅳ部 磐梯山信仰と徳一の再評価
 第15章 大和朝廷律令制国家の確立と会津地域山岳信仰の役割 小佐野峰忠
 第16章 絹本著色恵日寺絵図を読む―神仏習合を完成させた徳一 梁田直幸

第Ⅴ部 山の神々がかたるもの
 第17章 山の神論言説批判のための覚書 金田久璋
 第18章 仏の衣を着せられた神の山 染川明義
 第19章 新説・山の神考 佐々木高明
 第20章 山岳信仰と島国日本の未来 安田喜憲

あとがき 安田喜憲

編著者・執筆者略歴