日本海学シンポジウム

2006年度 「海からみつめる環境 つながる海・里・山・空」


第2部 パネルディスカッション「つながる日本海環境-海・里・山」
 →詳細内容はこちら

開 催 概 要
主催 富山県
日本海学推進機構
後援 株式会社角川書店
株式会社角川学芸出版
日時 2006年10月21日(土) 13:30-17:00
場所 タワー111(インテックビル)スカイホール
(富山市牛島新町5-5 TEL:076-432-1414) 地図
定員 300名(入場無料)
プ ロ グ ラ ム
第1部 講演
スピーカー 「気象予報士から見た日本海と空」
平井 信行(気象予報士)
紹介
「水中カメラに映る北陸の日本海」
大田 希生(水中カメラマン)
紹介
第2部パネルディスカッション 「つながる日本海環境-海・里・山-」
コーディネーター 中井 徳太郎(金融庁監督局総務課協同組織金融室長) 紹介
パネリスト 益田 玲爾(京都大学フィールド科学教育研究センター助教授) 紹介
佐藤 洋一郎(総合地球環境学研究所教授) 紹介
稲本 正(オークヴィレッジ代表・トヨタ白川郷自然學校校長) 紹介

 

 

 

 

平井 信行 気象予報士、天気キャスター
1967年生まれ。東京学芸大学教育学部卒業後、財団法人日本気象協会に就職。気象予報士の資格を取得し、96年よりNHKテレビ天気キャスター。現在、埼玉県教育委員会委員。著書『天気予報はこんなに面白い!』(角川書店)、『雑学読本-NHK天気質問箱』(日本放送協会)。

大田 希生 水中カメラマン
1967年生まれ。富山県内の民放局でカメラを回すかたわら、水中映像に興味を持つ。富山湾を中心に北陸の海に潜り、水中映像に収め、「日本海学講座」をはじめ、県内外で日本海の様子を伝える。02年『富山湾の仲間たち』(VHS)を上梓。

中井 徳太郎 金融庁監督局総務課共同組織金融室長
1962年生まれ。東京大学法学部卒業。85年大蔵省入省。主計局主査などを経て、99年から02年まで富山県庁に出向。生活環境部長などを務め、日本海学の確立・普及に携わる。財務省広報室長、東京大学医科学研究所教授などを経て、06年より現職。

益田 玲爾 京都大学フィールド科学教育研究センター助教授
1965年生まれ。東京大学農学研究科博士課程修了。京都大学水産実験所助手を経て、現職。魚の行動や生態の謎を潜水観察や飼育実験からひもとく「魚類心理学」が専門。地元・舞鶴市民新聞に『若狭湾水中散歩』を好評連載中。

佐藤 洋一郎 総合地球環境学研究所教授
1952年生まれ。京都大学大学院農学研究科修了。静岡大学農学部助教授などを経て、03年より現職。専攻は植物遺伝学。『DNA考古学のすすめ』(丸善ライブラリー)、『稲の日本史』(角川選書)、『里と森の危機(クライシス)』(朝日選書)など著書多数。

稲本 正 作家、工芸家、トヨタ白川郷自然學校校長
1945年生まれ。立教大学に勤務後、74年にオークヴィレッジ設立。お椀から建物まで手がける一方、植林活動を通して地球環境における森林生態系の重要性を発信。99年「みどりの日」自然環境功労者表彰受賞。『森の惑星』(世界文化社)、『森と生きる。』(角川書店)など、著書多数。