大学等連携事業

2005年度 富山県大学連携協議会公開講座 「文化回廊としての海」


2005年度 富山県大学連携協議会公開講座
平成17年10月29日
とやま市民交流館
第2回 海の道 2限目

講師 富山大学人文学部
教授 黒崎 直氏

古墳文化伝搬の道

 今から5年ほど前までは、古墳文化の越中への伝播は、北陸道を念頭に、倶利伽羅峠を越えて、最初に小矢部付近へ入ってきたと考えられていた。実際、小矢部付近には、谷内16号墳、関野1号などの古墳があり、特に谷内16号墳は古墳時代前期の古いものである。また、旧婦中町には勅使塚や王塚、高岡市には雨晴海岸に近い所に桜谷2号墳という前方後円墳がある。

氷見市「柳田布尾山古墳」の発見

 しかし、1998年に氷見市で柳田布尾山古墳という、全長107mの前方後方墳が発見された。これは前方後方墳としては日本海側最大のもので、富山県内の全古墳の中で最大のものである。さらに、2002年の私ども富山大学の発掘調査の結果、その北約5kmの地点にある阿尾島田A1号墳が全長約70mの県下最大の前方後円墳であることが判明した。 ちなみに、上市以東には大きな古墳は存在せず、約100kmにわたる古墳の空白地帯が続く。その東方にある新潟県上越市の古墳は、越中から伝播したと考えるよりは、むしろ信州から伝えられた可能性が高い。多分、越中の古墳文化は立山に阻まれて東進できなかったのだろう。


 

氷見市の古墳の立地環境

 小矢部市の谷内古墳群は丘陵の頂上に位置し、そこからは眼下に砺波平野を見下ろすことができる。恐らく、ここに埋葬された人たちは、平野で作られる米などの農業生産力を背景に権力を握った人たちであっただろう。では、その北方に位置する氷見市の二つの古墳はどう考えたらいいのだろうか。この二つの古墳はすぐ下に富山湾を臨むような出っ張った丘陵地帯の尖端に位置している。しかも、古墳時代には現在よりももう少し海が入ってきていて、潟のような地形になっていたと考えられる。これが『万葉集』に大友家持が詠んだ「布施の海」である。 二つの古墳のうち、氷見市南方に位置する柳田布尾山古墳は、丹後や出雲などの日本海側に特有な前方後方墳であり、これが発見されるまでは、島根県の松江市にある全長92mのものが最大であった。ちなみに、3番めは石川県鹿西町にある全長70mの雨の宮1号墳、4番めは富山県旧婦中町にある勅使塚である。これらのことから、4世紀に日本の中でも抜きんでるような大きな勢力を持った権力者がこの地域にいたことがうかがわれる。


 

氷見市「阿尾島田古墳群」の発掘調査

 これに対し、私たちが現在発掘調査している阿尾島田A1墳は氷見市北方に存し、海に出っ張った丘陵の下には能登(石川県七尾市)に抜ける小さなトンネルがある。発掘では単なる円墳か、前方部を持つ前方後円墳かということがいちばん大きな問題であった。古墳のランク、すなわち、そこに埋葬された権力者の力のランクでは、大きさとともにその形が問題になるからである。前方部の形が崩れており、なかなか確信が持てなかったが、円墳ならあるはずの裾を回る溝がないことや、くびれ部の形態などから、古墳としていちばん格が高い前方後円墳だと断定した。しかし、葺石や埴輪などは存在していない。 ところが、後円部の墳頂には、割竹型ないしは舟形といわれる直葬の木棺2基が置かれた跡があり、特に第1主体部の木棺は北陸最大級の規模のものであった。そして、そこから長剣などの鉄器類とガラスの玉を中心とした多くの出土品が出てきたのである。ただ、三種の神器の残り一つである鏡は発見されていない。 築造時期については、古墳時代前期と推定される鹿西町の雨の宮1号墳より古い様式を持つことから、古墳時代前期中ごろ、あるいはそれ以前と推定される。また、柳田布尾山古墳と比べても、こちらのほうが少し古いのではないかと私は考えている。いずれにしても、この二つの古墳の系譜が高岡市の桜谷へ移っていくのだろう。つまり、小矢部の辺りにいた豪族と違う系譜を持ち、古墳の大きさから見て小矢部の勢力より力の強い有力者がこの辺りにいたということである。ただ、時代的にはほぼ同じなので、副葬品などはほぼ同じものが入っている。 では、氷見市の権力者はどういうルートからこの地へやって来たのだろうか。私は、鹿西町の雨の宮から、石川県の邑知地溝帯を通ってきたという沿岸ルートを想定している。この辺り一帯には広い平野はないが、漁業だけをやっていたわけではない。農業と漁業、あるいは海を渡る交渉を生業とする口能登、氷見を中心とする能越地帯の歴史が、最近非常に注目されるようになっているのである。

七尾市「万行遺跡」の発見

 折しも、2002年にはこのルートに沿う石川県七尾市で「万行遺跡」が発見された。これは七尾湾を目の前に臨む低い丘陵に、巨大な掘立柱が整然と立ち並ぶ古墳時代前期の大型建物群で、物資の集散管理施設とも考えられ、日本海交流の要衝という土地柄を抜きにしては理解できない遺構である。ちなみに、このような古墳時代前期の大きな建物は、大阪、和歌山、奈良など日本各地に見つかっている。 では、万行遺跡という巨大な倉庫群を経営していたのは、一体だれなのだろうか。能登の首長あるいは北陸の首長連合、大和政権の直営の施設だという説等々あるが、いずれにしても日本海の物流拠点であったことは間違いなく、この七尾近辺は古墳文化の輝きが見られる地域であると言えよう。また、能登島の蝦夷穴古墳からは鉄斧が出ていることから、造船集団を統率した豪族が眠っているのではないかといわれる。

文化回廊としての日本海

 我々は、この地帯を見るときに、漁業、海上交通、造船、そして、製塩という新たな視点を持って見ていく必要があるだろう。それに加えて、大和を抜きにした北部九州、出雲、但馬・丹後、若狭、北陸を結ぶ日本海の交流も視野に入れていく必要がある。さらに、日本だけでなく、中国、朝鮮、沿海州との交流も当然考えていかなければならない。また、越後以北に関しても、陸路ではなく、海路で人や文化が渡っていった可能性もある。ご承知のように、大和政権が行った出羽国の蝦夷征伐に能登から船出したという記述もある。このような物流、兵站拠点としての能登半島、富山湾の役割と、そういうところで培われた海とのつながりが8世紀以降の渤海交流に生かされていくといった、考古学では特に抜けていたその辺の視点から今後考えていく一つの大きな手がかりとして、阿尾島田古墳や布尾山古墳の再評価をする必要が出てくるだろうと考えているわけである。