富山湾60秒シアター

vol.36 2012.4月 氷見市中波沖 女良ワカメ漁

氷見市の特産品「女良ワカメ」の刈り取りと灰付けを取材しました。刈り取りは、天気の良い日の早朝に行います。刈り取られたワカメは、葉、茎、メカブに分けられ、葉の部分を灰付け加工します。養殖ワカメは肉厚なため、風通しの良い場所で数日かけて半乾きにさせた後、天日乾燥で仕上げます。ワカメを地面に形よく広げるのも熟練の技です。約半年かけて作り上げる、心がこもった灰付けワカメの出来上がりです。

登場する生き物たち

  • 女良ワカメ 

    氷見市中波沖で養殖されたワカメ。昭和30年代、氷見市中波の漁業者十数人が、宮城県でワカメ養殖を学んできたのが始まり。11月に種苗付きロープを海中に沈め、翌年2月~4月に収穫する。全長数十センチにしかならない天然ワカメに比べ、養殖ワカメの全長は2メートルに達する。生ワカメとして出荷する以外に、保存が効くようにワラ灰をまぶして天日乾燥させた「女良灰付ワカメ」を生産している。



注意事項

  1. 各動画の長さはそれぞれ概ね60秒です。「シアターリスト」メニューからご覧になりたい動画をクリックしてください。動画上の再生ボタンをクリックすると動画の再生が始まります。
  2. サイトに掲載している動画の著作権は、(財)とやま国際センターにありま す。無断転載は禁止となっています。
  3. 動画をご覧頂くには「Adobe Flash player 10」以上が必要です。こちらからダウンロードしてください。

シアターリスト