富山湾60秒シアター

vol.34 2012.2月 滑川市高塚沖

寒さで陸上の生き物たちの活動が鈍る冬でも、海中では、期間限定の大物に出会えます。滑川の冬と言えば、まずはミズダコですね。愛嬌たっぷりにまとわりついてくれますが、­怒らせると怖いかもしれません。ヤリイカの卵は青白く光って見えて美しいです。ニジカジカの卵を初めて確認できました。いつも近くでオスが守っていました。冬のダイビング­は、体は冷えても、心は温かくなれますね。

登場する生き物たち

  • ミズダコ  

    全長 1.2メートル  水温が下がる冬から春にかけて、水深10メートル程度の浅い場所で見られる。足を広げると2メートル近くになる。


  • ヤリイカの卵  
    長径 約3ミリ  全長5~15センチの「卵のう」には数十個の卵が入っている。卵のうは、岩や波消しブロックの下部に産みつけられる。

  • ニジカジカ  
    全長 30センチ  産卵期の2月から3月にかけて見られる。20センチ程度の小さな個体もいる。

  • ニジカジカの卵  
    直径 約2ミリ  胚は黄色。石の表面に平らに貼りついていた。卵の下の桃色に見えるものは、石についた石灰藻の一種。


注意事項

  1. 各動画の長さはそれぞれ概ね60秒です。「シアターリスト」メニューからご覧になりたい動画をクリックしてください。動画上の再生ボタンをクリックすると動画の再生が始まります。
  2. サイトに掲載している動画の著作権は、(財)とやま国際センターにありま す。無断転載は禁止となっています。
  3. 動画をご覧頂くには「Adobe Flash player 10」以上が必要です。こちらからダウンロードしてください。

シアターリスト