富山湾60秒シアター

vol.45 2013.7月 滑川市 夏越の祓い

 

滑川市では、「夏越の祓い」の行事として、「茅の輪くぐり」と「ネブタ流し」があります。茅の輪くぐりは、かや草で作られた大きな輪を神の胎内と考え、これをくぐり抜けることで無病息災や安産を祈願します。ネブタ流しは、ネブタと呼ばれる大たいまつに火をつけ海上に流し、人々の無病息災と勤労を祈願します。滑川のネブタ流しは、日本海側南限で地域的な特色を持つとして、国指定重要無形民俗文化財に指定されています。

「解説」

 


  • 「茅の輪くぐり」 神明町の檪原(いちはら)神社と中川原の禊場 (みそぎば)でとり行われる。蘇民将来(そみんしょうらい)の故事が由来の神事。

  • 「ネブタ流し」 紙や野菜で作られた人形(ヒトガタ)が飾り付けられた、高さ4~8メートルのネブタに火をつけ、和田の浜の海上に流す。かつては高月町までの海岸沿いで行われていた。滑川のネブタ流しには、みそぎ祓いの他、疫病送り、虫送り、七夕行事などの意味合いが混じっている。

注意事項

  1. 各動画の長さはそれぞれ概ね60秒です。「シアターリスト」メニューからご覧になりたい動画をクリックしてください。動画上の再生ボタンをクリックすると動画の再生が始まります。
  2. サイトに掲載している動画の著作権は、(財)とやま国際センターにありま す。無断転載は禁止となっています。
  3. 動画をご覧頂くには「Adobe Flash player 10」以上が必要です。こちらからダウンロードしてください。

シアターリスト