富山湾60秒シアター

Vol.21 2010.5月 朝日町宮崎沖

朝日町の沖合には岩礁帯があり、固着性の刺胞動物の仲間が多く生息しています。派手な色彩や樹木のような形状は、独特な存在感があり、見つけた時の満足感は大きいものです。刺胞動物の仲間の多くは、見た目の色彩や形状だけでは、種の判別が困難なため、わからないものは不明とさせていただきます。

登場する生き物たち

  • ウミカラマツ 全高 1メートル 刺胞動物の仲間。岩の側面に固着していることが多い。
  • ヤギの仲間A 全長 20センチ  刺胞動物の仲間。種名は不明。岩の側面に群生していた。
  • ジュウジキサンゴ 全幅 10センチ  刺胞動物の仲間。枝分かれしている。
  • ヤギの仲間B 全高 40センチ  刺胞動物の仲間。種名は不明。青色の小さなポリプがある。
  • ムツサンゴ 直径 5ミリ   北方系のサンゴの仲間。富山湾各地の岩陰などで見られる。

注意事項

  1. 各動画の長さはそれぞれ概ね60秒です。「シアターリスト」メニューからご覧になりたい動画をクリックしてください。動画上の再生ボタンをクリックすると動画の再生が始まります。
  2. サイトに掲載している動画の著作権は、(財)とやま国際センターにありま す。無断転載は禁止となっています。
  3. 動画をご覧頂くには「Adobe Flash player 10」以上が必要です。こちらからダウンロードしてください。

シアターリスト